カテゴリー別アーカイブ: 生徒活動

後期生球技大会が行われました

夏休みを目前に控えた7月19日、後期生の球技大会が行われました。
最高気温が35℃を超える猛暑の中、バレーボール(男・女)、バスケットボール(男・女)、サッカー(男子)、フットサル(女子)の4競技でクラス対抗の熱戦が繰り広げられました。


■バレーボール

多目的コートで行われました。試合前半は女子、後半は男子が出場するため、お互いを熱心に応援する姿がコート周辺に溢れていました。

決勝は4Cを破り、6C が優勝しました。


■バスケットボール

体育館で行われました。蒸し暑い中でしたが、白熱した戦いが繰り広げられました。バレーボールと同様に試合前半は女子、後半は男子が出場し、応援も盛り上がっていました。

5B対6Bの決勝となり、6Bが勝利しました。


■サッカー

グラウンドで行われました。強い日差しが照り付ける中、男子達の熱戦が繰り広げられました。

4C対6Bの決勝ではPKまでもつれこむ戦いとなりましたが、最後は6年生が制し、6Bが優勝しました。


■フットサル

テニスコートで女子の熱い戦いが行われました。クラスの男子が駆け付け、熱心に応援する姿も見られました。

決勝は6年生同士の戦いとなり、6Aが優勝しました。


 

 

 


球技大会は実行委員を中心に運営、進行されており、招集の声掛けや試合のサポートなど、様々な面での活躍が見受けられました。

後期生にとっては、クラスTシャツを身に着ける最初の機会となった球技大会。オリジナリティに溢れるデザインのTシャツは担任の先生ともお揃いで、クラスの絆がより深まったのではないでしょうか。

4競技の結果、学年優勝には4C、5A、6Bが、総合優勝には6Bが輝きました。

部活動紹介【運動部】

部活動(Club Activities)2017

運動部(Sports Clubs)

運動部は14の団体があり、子どもたちは日々活動に励んでいます。
部活動以外でも、学校行事での会場設営や清掃など、見えないところでも縁の下の力持ちとして活躍しています。
ここでは、各部の賞歴や部活動情報をご紹介します。

【賞  歴】

サッカー部と陸上競技部は東京都のスポーツ特別強化校Ⅰ型に指定されています。スポーツ特別強化校とは、2020年オリンピック・パラリンピックの東京開催を契機とし全国大会、関東大会への出場を目指す都立高校を増やすために、競技力の高い運動部のある学校を指定したものです。
各部活とも練習の成果を生かし活躍しています。

 

■前期剣道部
・三鷹市種目別少年スポーツ大会個人第3位、団体準優勝

■後期剣道部
・三鷹市春季大会二段以上の部 優勝、第3位
・東京都総合体育大会(都大会)女子個人1名出場

■前期水泳部
・9・11ブロック水泳競技大会 男子100m平泳ぎ第2位、男子50m平泳ぎ第3位
・多摩地区中学校ファイナルマッチ男子50m平泳ぎ第1位

■後期水泳部
・都大会高等学校新人戦男子50m平泳ぎ第1位
・第43回西東京国公立高校水泳競技大会男子200m平泳ぎ第1位

■前期陸上競技部
・東京都中学校地域別陸上競技大会女子800m第2位

■後期陸上競技部
・第38回高体連第5・6支部学年別高等学校陸上競技選手権大会三段跳び第1位、円盤投げ第5位、やり投げ第5位
・第70回都総体1種目1名出場
・第68回都新人大会6種目5名出場

■後期女子バレー部
・東京都春季リーグ戦リーグ第4位
・東京都春季2部大会出場

■後期男子バスケットボール部
・高体連新人戦第2支部3回戦進出
・夏季5校リーグ第3位
・武蔵野カップ準優勝

■後期女子バスケットボール部
・総合体育大会(インターハイ予選)3部昇格(東京都ベスト56)

■前期野球部
・第9ブロック中学校春季野球大会第3位

■後期野球部
・西東京大会3回戦進出

■前期サッカー部
・第9ブロックサッカー選手権大会第3位、新人戦優勝

■後期サッカー部
・H29年度全国サッカー選手権大会東京都一次予選3回戦

■前期男子硬式テニス部
・東京都中学校テニス選手権大会全国大会出場

■後期男子硬式テニス部
・東京都ジュニアチームテニスチャンピオンシップ高校男子Eブロック優勝
・都立中高一貫校テニス大会優勝

■後期女子硬式テニス部
・中高一貫戦2位リーグ2位

■弓道部
・東京都総合体育大会個人決勝進出

■前期ラグビー部
・関東大会出場 Cブロック4位

■後期ラグビー部
・東京都タッチラグビー大会 ブロック優勝

■チアダンス部
・DANCE SHOW CASE vol.8チア・ダンスコンテスト部門 優勝

【部活動情報】

<活動日数> 全運動部 前期:週4日 / 後期:週5日

剣道部
前期:
◇部員数 1年7名、2年6名、3年7名
◇顧問の先生(敬称略)藤原、北村
後期:
◇部員数 4年5名、5年6名、6年1名
◇顧問の先生(敬称略)大栗、早山
水泳部
前期:
◇部員数 1年4名、2年6名、3年5名
◇顧問の先生(敬称略)若松、野々山
後期:
◇部員数 4年9名、5年5名、6年5名
◇顧問の先生(敬称略)若松、新海
バドミントン部
前期:
◇部員数 1年9名、2年10名、3年9名
◇顧問の先生(敬称略)石浦、長谷川
後期:
◇部員数 4年12名、5年4名、6年10名
◇顧問の先生(敬称略)木﨑、佐々木久
陸上競技部

前期:
◇部員数 1年11名、2年5名、3年3名
◇顧問の先生(敬称略)須永、宮川
後期:
◇部員数 4年2名、5年9名、6年6名
◇顧問の先生(敬称略)加藤、平原

女子バレーボール部
前期:
◇部員数 1年9名、2年10名、3年8名
◇顧問の先生(敬称略)前田、南
後期:
◇部員数 4年6名、5年5名
◇顧問の先生(敬称略)齋藤美、高梨、前田
男子バスケットボール部
前期:
◇部員数 1年10名、2年9名、3年4名
◇顧問の先生(敬称略)岩間、島田
後期:
◇部員数 4年9名、5年12名、6年3名
◇顧問の先生(敬称略)鎭西、小澤
女子バスケットボール部
前期:
◇部員数 1年17名、2年6名、3年7名
◇顧問の先生(敬称略)小野、小池
後期:
◇部員数 4年6名、5年7名、6年9名
◇顧問の先生(敬称略)比嘉、齋藤桂
 
野球部
前期:
◇部員数 1年4名、2年3名、3年9名
◇顧問の先生(敬称略)小久保
後期:
◇部員数 4年7名、5年3名、6年11名
◇顧問の先生(敬称略)丸山、新井、赤城

サッカー部
前期:
◇部員数 1年23名、2年19名、3年17名
◇顧問の先生(敬称略)小島、河合、伊藤
後期:
◇部員数 4年17名、5年19名、6年15名
◇顧問の先生(敬称略)
佐々木雅、北洞、永田
 
男子硬式テニス部
前期:
◇部員数 1年8名、2年23名、3年15名
◇顧問の先生(敬称略)齋藤健、佐川
後期:
◇部員数 4年4名、5年19名
◇顧問の先生(敬称略)吉野、能城
女子硬式テニス部
前期:
◇部員数 1年6名、2年10名、3年14名
◇顧問の先生(敬称略)山之内、深谷
後期:
◇部員数 4年5名、5年6名、6年8名
◇顧問の先生(敬称略)内野、福島
弓道部 
後期のみ:
◇部員数 4年6名、5年13名、6年9名
◇顧問の先生(敬称略)内田、長澤
ラグビー部 
前期:
◇部員数 1年1名、3年2名
◇顧問の先生(敬称略)依藤、冨田
後期:
◇部員数 6年6名
◇顧問の先生(敬称略)小池
チアダンス部 
後期のみ:
◇部員数 4年11名、5年4名、6年10名
◇顧問の先生(敬称略)芥川、田村

部活動紹介【文化部・同好会】

部活動(Club Activities)2017

文化部(Cultural Clubs)・同好会(Circles)

文化部・同好会は、それぞれ6の団体が日々活動しています。
文化祭では、文化部・同好会のイベントを目的に訪れる人たちも多く、学校紹介の一翼を担っています。
ここでは、各部の賞歴や部活動情報を紹介いたします。

【賞  歴】

文化系の部活動・同好会は発表の場が文化祭に限定されがちですが、いくつもの部が外部の大会などに挑戦し活動の場を広げています。
■書道部
・都高文連賞(東京都高等学校文化連盟書道展)
・書道教育研究会賞(全日本高等学校書道コンクール)
■演劇部(前期)
・東京都中学校連合演劇発表会参加(平成26・27年)
■吹奏楽部
・東京都高等学校吹奏楽コンクールB組金賞(3年連続)
■UNIX研究同好会
・神楽坂サイエンスアカデミーIIJ大賞
■鉄道研究同好会
・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト
「モジュール部門」ベストクリエイティブ賞・ベストライター賞

【部活動情報】

※部員数は平成29年度1学期現在のものです。

茶華道部 
◇部員数
1年6名、2年2名、3年5名、4年2名、
5年3名、6年4名
◇活動日数  週2日
◇顧問の先生(敬称略)
田村、福島
 
書道部 
◇部員数
1年8名、2年4名、3年9名、4年1名、
5年5名
◇活動日数  週2日
◇顧問の先生(敬称略)
島田、中澤
 
音楽部 
◇部員数
1年9名、2年12名、4年9名、5年1名、
6年2名
◇活動日数  週2日
◇顧問の先生(敬称略)
新海、石浦
 
美術部 
◇部員数
2年5名、3年5名、4年5名、6年1名
◇活動日数  前期週4日
◇顧問の先生(敬称略)
南、臼井
 
演劇部 
◇部員数
1年2名、2年2名、3年2名、4年2名、
5年2名、6年3名
◇活動日数  週4日
◇顧問の先生(敬称略)
永田、齋藤健
 
吹奏楽部 
◇部員数
1年19名、2年12名、3年22名、4年12名、
5年6名、6年17名
◇活動日数  前期週4日 後期週5日
◇顧問の先生(敬称略)
大関、新海、平原、山之内
 
UNIX研究同好会 
◇部員数
1年1名、2年2名、3年2名、4年11名、
5年3名、6年4名
◇活動日数  週1日
◇顧問の先生(敬称略)
能城、山本
 
将棋同好会 
◇部員数
1年4名、2年3名、5年5名
◇活動日数  週3日
◇顧問の先生(敬称略)
丸山、大栗
 
生物同好会 
◇部員数
1年3名、5年3名、6年3名
◇活動日数  週2日
◇顧問の先生(敬称略)
早山、山本
 
鉄道研究同好会 
◇部員数
1年2名、2年4名、3年1名、4年4名
◇活動日数  週2日
◇顧問の先生(敬称略)
北村、宮川
 
軽音楽同好会 
◇部員数
4年9名、5年5名、6年5名
◇活動日数  週2日
◇顧問の先生(敬称略)
新海、石浦
 
文芸同好会 
◇部員数
1年2名、2年5名、3年1名、4年4名、
5年2名、6年5名
◇活動日数  前期週1日 後期週2日
◇顧問の先生(敬称略)
中澤、齋藤美
 

委員会紹介

鷹校ライフの様々なシーンを支えているのが、委員会活動。合唱祭、文化祭、体育祭などの行事の際、積極的に活動する生徒たちの姿を、誰もが一度は目にしたことがあるはず。それ以外にも、決して目立たないけれど、鷹校生の日常生活に必要不可欠な活動を行っている委員会もあります。

今回は各委員会の委員長さんに、活動の内容をひとことコメントで紹介していただきました。彼らの言葉や写真を通して、鷹校生活の一端を垣間見ていただければ幸いです。

* * *

生徒会本部

派手なように見えて、基本は縁の下の力持ち。ボランティア清掃から国際交流の運営、文化祭での販売など、何でも経験できます。

 

代議委員会

生徒総会の司会進行と生徒総会で全校生徒に審議される事項の事前審議を行います。また、合唱祭では受付を務めます。

 

選挙管理委員会

私たち選挙管理委員会は、生徒会選挙の運営を行っています。公正かつスムーズな選挙ができるように心掛けています。

 

HR委員会

主にHRでの司会などをしています。クラスの中心として活動することが多いので大変ですが、やりがいがあり、楽しい仕事です。

 

美化委員会

各学校行事や土曜授業の前の清掃、ごみ箱の管理、ごみの分別等を中心に、季節によっては落ち葉掃きも行っています。

 

風紀委員会

毎月1回あいさつ週間を設けてあいさつ運動を行ったり、合唱祭でのドアマン、文化祭での警備などをしています。

 

合唱祭実行委員会

主にクラスの合唱練習のまとめ、合唱祭の企画・運営が仕事です。大変ですが、やり遂げた後の達成感はとても大きいです。

 

文化祭実行委員会

鷹校を彩る文化祭。私たちはその企画・運営を1年かけて行っています。現在、第60回文化祭に向けて準備中です。乞うご期待!

 

アーチ建設実行委員会

アーチ委員会は文化祭の時のアーチの製作を行います。昨年度からのぼりも加わり、鷹校祭に華を添えます。

 

フィナーレ委員会

フィナーレ委員会は文化祭後の後夜祭を行うために、主に団体のオーディションや会場の運営、リハーサルを行っています。

 

体育祭実行委員会

体育祭の企画・準備、当日の運営をします。体育祭のあるべき姿について考えるのは、とてもやりがいがあり、楽しいです。

 

放送委員会

放送委員会では、お昼の時間に放送をしています。また合唱祭や体育祭でのアナウンスも担当しています。

 

保健委員会

主に、年度始めの健康診断の運営や体育祭の救護担当、トイレの石けんの補充、尿検査の実施の手伝いなどを行っています。

 

図書委員会

主な活動として、昼休みと放課後のカウンター当番を行っています。文化祭では、古本市と本に関するクイズの出題をしました。

 

編集委員会

主な活動は、新入生歓迎誌と文化祭パンフレットの作成・発行です。文化祭ではスタンプラリーの運営も行っています。

 

給食委員会

前期生のみで活動する委員会で、給食活動の改善、3学年合同で行う交流給食の運営、給食全般の広報などを行っています。

* * *

いかがですか。小さなことからコツコツと、自分たちの力で学校生活を作り上げていく鷹校生の頼もしさ、感じ取っていただけたでしょうか。
限られた字数の中で、活動の様子を簡潔に、わかりやすくまとめてくださった委員長さんたち、ご協力ありがとうございました。

部活顧問紹介 【 男子バスケットボール部編 】

日頃の授業のみならず、部活動でも熱心に指導して下さっている顧問の先生方に、部活の様子や先生のお考えを伺いました。

【男子バスケットボール部 鎭西先生】


器用なボールさばきに、縦横無尽な素早い動き——華やかな球技のバスケットボールは、昨年から国内で始まったプロバスケットボールのBリーグによって、今まで以上に注目を集めています。今回は男子バスケットボール部顧問の鎭西先生にお話を伺いました。(取材日:2017年10月17日)

🏀

―普段の活動内容について教えてください。

現在は前期生と後期生に分かれて活動しています。前期は平日週3回、後期は平日週3~4回練習を行っています。土日も練習や試合を行っています。活動場所は主に体育館ですが、前期が中で練習ならば、後期は外練習といった具合に交代で利用しています。

―どのような点に注意して指導されていますか。

前期生には、まずバスケットボールの楽しさとルールを覚えてもらうよう指導します。試合中も褒めて伸ばす声掛けをしています。最初から厳しい指導だと、競技を楽しめなくなってしまうからです。

後期に入ったら、自分で考えるように促します。試合中の声掛けも厳しい言葉になる時もあります。バスケットボールはとても頭を使うスポーツです。ボールをもらう直前から瞬時に状況を判断し、適切な戦術を考えます。考えないプレーヤーは同じミスを繰り返します。指示待ちで、すぐに答えをほしがる生徒もいますが、まずは自分で考えてほしいのです。

―バスケットボールはルールが細かくて難しい、大柄の選手が有利、というイメージがあるのですが。

ルールが細かいのは、「点取り合戦を見せるスポーツ」だからだと思います。例えば、攻撃側は24秒以内にシュートをしてリングに当てなければならない、ドリブルをしないで5秒以上ボールを保持してはならない等の秒単位の時間制限があります。これらのルールを設けることで、攻守が早く入れ替わり、他球技より多くの得点を取り合えます。スピーディーな展開で、競技者だけではなく観客も楽しめるスポーツなのです。

身長差はスピードや戦略でカバーします。先ほど述べたように、バスケットボールは頭も使います。高身長の選手が相手でも、弱点を見抜き、早い動きでかく乱し、ファウルを誘います。ファウルカウント5つで退場ですが、5つまで追い込まなくても、カウントを重ねた有力選手は退場になる前に戦力温存のため一旦ベンチに下げられます。この間にゲームの流れを引き戻すのです。

―現在、部活で目標にしているのはどのようなことですか。

当面の目標は、東京都ベスト32に入ることです。低い数字に思われるかもしれませんが、東京都だけでも公式戦には330校ほど参加します。ベスト32でも4回戦まで勝ち抜かなければならないのです。まずは一歩一歩ですね。

―部活は部員が毎年入れ替わるので、年々強くなっていくことは難しいのでしょうか。

もちろん、その年に入部してきた生徒の人数や技量に左右されます。しかし、先輩の頑張りが後輩をひきつけます。同学年の生徒が1、2人という時もありましたが、彼らが頑張ったからこそ、入部希望者も増え、力量のある子も入ってきてくれるようになりました。その積み重ねで強くなっていくのです。

―先生ご自身とバスケットボールとの関わりを教えてください。

バスケットボールを始めたのは中学生からです。その時から、この競技の楽しさをみんなに伝えたいと考え、体育教師になりたいと思うようになりました。学生時代はプレーヤーとしてバスケットボールに打ち込み、教師になってからは部活の顧問として関わり続けています。私自身、三鷹高校の出身で、母校で指導できてうれしく思います。

―最後に三鷹生にメッセージをお願いします。

三鷹の生徒は賢い分、先を読みすぎて挑戦を恐れる傾向があります。しかし、それでは広い視野が得られません。自分の殻を破って、たくさん失敗しても、考えて、そこから多くを学んでほしいです。

 

—鎭西先生、お忙しい中お時間を作っていただきありがとうございました。
バスケットボールを通して、社会に出る前に考える力を養ってほしいというお言葉が印象的でした。教え子たちの中には、先生を慕って、コーチとして部活に参加する人、同じように体育教師を目指す人もいるそうです。
インタビュー後に、部活の練習も見学させていただきました。部員たちの真剣な眼差し、ほとんど床面に足を付けていないような軽やかな動きが、とてもまぶしかったです。みんなで力を合わせて、目標に向かって頑張ってください。🏀