カテゴリー別アーカイブ: 生徒活動

部活顧問紹介 【 将棋同好会編 】

日頃の授業のみならず、部活動でも熱心に指導して下さっている顧問の先生方に、部活の様子や先生のお考えを伺いました。

【将棋同好会 丸山先生】

将棋同好会は文化祭に出展し、友達同士で自由に将棋がさせるように将棋盤をたくさん用意し、来場者が気軽に楽しめる場を提供。もちろん、部員との対局にも挑戦できました。
また、将棋界のみならず今世間で注目を集めている中学生プロ棋士・藤井聡太四段や、詰将棋に関するレポートの展示も行い、将棋の楽しさや奥深さを伝える工夫もされていました。
将棋を存分に楽しめる場は、とても居心地がよく賑わっていました。
今回はそんな将棋同好会の顧問であり、社会科を教えていらっしゃる丸山先生にお話を伺いました。(取材日:2017年10月17日)

―部員数や活動日数、創部のきっかけなどを教えてください。

将棋が好きな生徒が奔走して仲間を集め同好会を設立しました。

―普段の活動内容について教えてください。

週2~3回活動していて、毎回対局を通して力を伸ばしています。

―活動に関連しますが、参加している大会や級の取得などありましたら教えてください。

人数も少なく、同好会という立場なので学校として参加しているものはありませんが、個人で申し込んで大会参加などを行っています。

―部員同士、学年が離れていたりしますが、将棋の強さに差があったりするのでしょうか。またそうした場合、活動で工夫している点などあれば教えてください。

後期生が前期生の面倒を見るなど、いい意味での縦の関係が築ければと感じています。

―今年は藤井四段の活躍や“ひふみん”こと加藤九段の引退など将棋界が盛り上がり
を見せていましたが、それに関係した話題が部員や周りで出たりしていましたか。
または、先生個人の感想をお聞かせください。

今回の文化祭でも藤井四段にあやかった取り組みを行いました。
個人的にも将棋が好きなので、注目を浴びるのはうれしいですが、実力以外の部分で取り上げられる(藤井四段の出前のメニューとかひふみんとか)のはあまり好ましいとは思えないです。実力の部分で大きく報道されるような人が出てくるといいなと思います。

―先生ご自身は将棋をされますか。

小学校のころから好きでしたが、最近はほとんどやってないです。

―今後の将棋同好会についてのお考えはありますか。

生徒が自発的に始めた同好会なので、創設した4期生が納得いく同好会であってほしいなぁと思う一方、前期生にも会員がいるので、願わくは、10年後にも残っていられる同好会に成長できるよう生徒を支援していければと思っています。

―最後に三鷹生にメッセージをお願いします。

「大切なことは目に見えない」
机の上だけでは学べないことを、グラウンドや体育館、放課後の教室の中で見つけてください。教科書や板書では教わることができないものこそ、学校教育の醍醐味だと思うので。
部活動、学校行事を通して、将来胸張って語れるような仲間との体験をたくさん積んでほしいと思います。

―丸山先生、お忙しい中ありがとうございました。
普段はあまり目にすることがない将棋同好会の様子が垣間見えて、学年を超えて将棋が好きな生徒たちが集まり和気あいあいと活動している様子が目に浮かびました。そして、ご自身も将棋がお好きで、生徒の自主性を大切にしつつ活動をサポートされている先生がいらっしゃるからこそ、充実した活動ができるのだと感じました。先生のおっしゃる通り、この先も長く続く部活動であってほしいと思います。

 

吹奏楽部紹介

吹奏楽部は、前期課程生53名、後期課程生18名、計71名で活動しています。本部の3大イベントは夏のコンクール、冬のアンサンブルコンテスト、春の定期演奏会で、文化祭はもちろん地域行事にも積極的に出演しています。8月の高等学校吹奏楽コンクールでは3年連続で金賞を受賞しました。

活動日は前期課程生が原則平日3日と土日の1日、後期課程生は平日4日と土日のどちらかです。

部訓は「礼儀」「清潔」「時間厳守」の3つを掲げ、日々練習しています。前期課程生・後期課程生が一緒に活動しているため、学年を問わず繋がりが強いのも良いところです。

秋の予定は、ウィーンから来日した木管5重奏団との国際交流特別コンサートや、学校説明会での演奏、地域のイベントのオープニング演奏、三鷹市吹奏楽の集いの出演、高等学校文化祭地区音楽会、アンサンブルフェスタ、アンサンブルコンテスト(中学・高校)と盛りだくさんです。

平成30年3月25日(日)には三鷹市公会堂光のホールにて、第33回定期演奏会を開催します。入場無料です。詳しくはホームページに掲載しますので、ぜひお越しください。

【 原稿 : 吹奏楽部部長 】

部活支援金の贈呈(テニス部)

テニス部に部活支援金の贈呈が行われました。

テニス部では3年生の津田新之助君が、8月3日から8日にかけて有明テニスの森公園で行われた第70回関東中学生テニス選手権大会(個人の部)に出場しました。

この大会前に「全国にも出場できるように頑張りたいと思います」と意気込みを聞かせてくれた通り、津田君は見事ベスト16に入り、8月21日から24日にかけて沖縄県で開催された第44回全国中学生テニス選手権大会(個人戦)への出場を果たしました。

これを賞し、9月2日(土)、校長室にて内海PTA会長よりテニス部に部活支援金が贈呈されました。

全国大会では残念ながら1回戦敗退でしたが、津田君は「全国のレベルを体感でき、自分のテニスに自信が持てました」と目を輝かせながら話してくれました。また、今後の目標について、「海外にも視野を広げて、練習に励みます」と強い意気込みを示してくれました。

引き続き津田君の更なる活躍を応援したいと思います。

 

 

水泳部(後期)西東京大会・三多摩大会を終えて

シーズン真っ盛りの水泳部は、今年の夏も前期・後期そして男女一緒に仲良く部活動に取り組んで来ました。多い日には午前・午後の練習を合わせて12㎞泳ぎ、体力をつけました。
また、例年通り、調布中学校との合同練習も3回実施しました。三鷹高校水泳部OBで、現調布市立調布中学校水泳部顧問の山下先生の御指導のもと、お互いを高めあいながら、厳しい練習を乗り越えることが出来ました。恒例の混合リレーでは、合同練習の締めくくりとあって、応援にも熱が入っていました。

そして、後期生は夏休み中、下記の2大会に出場しました。

◆西東京大会 8月12日(土)13日(日)於:都立東大和南高等学校
多摩地区の公立高校が参加できる大会で、学校毎に合計点を競う団体戦もあります。
男子6名女子1名で参加した三鷹中等は、男子の部で10位入賞を果たしました。40校を超える参加校、100人近く部員のいる学校が多い中、男子6名での10位入賞は素晴らしい成績です。本人たちが一番驚いたようで、表彰式で学校名を呼ばれ、口をポカーンと開けてしばらく見つめ合っていました。これは団体・個人種目、そして応援と、すべてを頑張った結果です。仲間の決勝進出を願い、結果が貼り出されるまでボードの前を離れなかった姿や、結果を聞いて満面の笑みで喜ぶみんなの姿を見て、本当に感動しました。
主な成績は以下の通りです。

■男子400mメドレーリレー 10位(須之内・安武・宿谷・清水)
■男子200m平泳ぎ 1位 宿谷(4年)
■男子400mフリーリレー 10位(安武・松本・清水・宿谷)
■男子200m個人メドレー 7位 須之内(5年)
■男子100m平泳ぎ 3位 宿谷(4年)

◆三多摩大会 8月24日(木)於:東京工科大学
強い日差しの中、屋外50mプールで競技が行われ、男子6名女子1名で参加しました。夏休みも終わりに近く、レースの合間には夏休みの宿題にみんなで取り組んだり、時には問題を出し合ったりと、応援はもちろんのこと、待ち時間中も学年・性別を超えて仲の良い様子を垣間見ることができました。
主な成績は以下の通りです。

■男子100m平泳ぎ 3位 宿谷(4年)

9月には前期生は「学年別大会」、後期生は「都新人戦」「長水路大会」、そして前期後期一緒に「三鷹市民大会」に出場予定です。真っ黒に日焼けした子供たちがキラキラした笑顔で試合に臨む姿を観るのが楽しみです。

【 投稿者:水泳部4年生保護者 】