広報委員会 のすべての投稿

令和4年度入学式

柔らかく暖かい陽射しに恵まれた4月6日。第13回入学式が挙行されました。

校内の桜の花は、まるで新入生を待ってくれていたかのように、この日まで見事な満開で出迎えてくれました。

入口でのクラス発表と3年生による受付と会場誘導。

新1年生の各教室には、在校生からのお祝いメッセージが書かれていました。

多くの祝電を前に、卒業した小学校の先生の顔を思い浮かべながら、皆嬉しそうに読んでいました。

入学式までの待機の時間。これから僅かな時間で、式の練習を行います。

新入生161名入学許可。

担任の先生より一人ひとり名前を呼び上げられ、「はいっ」と応え起立します。

藤野校長先生から「入学を許可します。」と入学許可がおり、希望と安堵に満ちた表情が浮かびます。

藤野校長先生祝辞。

「恐れずに挑戦し、自信になる経験を積むことの大切さ」について、お話しいただきました。

新入生答辞の後、在校生による素敵なハーモニーの混声合唱での校歌斉唱をもって、入学式はフィナーレをむかえました。

<編集後記>

新入生の皆さま、保護者の皆さま、ご入学おめでとうございます。

規律ある態度の立派な入学式でした。

さぁ、三鷹中等教育学校6年間の生活がはじまります。

13期生との出会いに、感謝申し上げます。これから、よろしくお願いいたします。一緒に頑張りましょう!

スポンサード・ウォーク

令和4年3月12日(土)、晴天に恵まれ春を感じさせる暖かな空気の中、スポンサード・ウォークが開催されました。これは3年生の行事として5年前から始められましたが、新型コロナウィルス感染症の影響で2年間中止となったため3回目の開催となりました。今回は3年生に加えて、昨年参加できなかった4年生も参加。玉川上水駅南口から三鷹中等教育学校まで約17kmの距離を約4時間かけて歩きました。

スポンサード・ウォークは、三鷹中等教育学校の目標である「社会的リーダーの育成」を目指して行われるチャリティー活動です。生徒は目標の距離の完歩を条件に保護者等のスポンサーからお金をいただき、そのお金を「国境なき医師団」「国立成育医療研究センター」「UNHCR 国連難民高等弁務官事務所」の中から選んだ団体に寄付します。また、「長距離を歩く」ことに挑戦することで自分と向き合うとともに、首都直下地震などの災害時の帰宅訓練も目的としています。

スタート地点である玉川上水駅南口から3年生女子、4年生女子、3年生男子、4年生男子の順に3〜4人の班に分かれ、30分間隔で出発。歩行時のマスク着用や補食は立ち止まって黙食等、新型コロナウィルス感染症対策のルールを守りながら、鷹の台駅付近、喜平橋付近、小金井公園、境橋付近、三鷹駅南口、万助橋のチェックポイントを通り、ゴールの学校を目指しました。

ゴール後にはPTAからゼリー飲料と軽食が提供されました。ご準備いただいた学年委員の皆様ありがとうございました。

生徒の皆さんは疲れた中にも達成感を感じることが出来た様子で、嬉しそうに両手を上げてゴールする姿が多く見られました。今後の学校行事も新型コロナウィルス感染症の影響を受けることが想定されますが、必要な対策を講じながら、少しでも多くの行事が開催され、学校での思い出を増やすことができればと思います。

【スポンサード・ウォークの行程】

東京2020オリンピック聖火リレーのトーチが学校に展示されました。

9月15日から18日の期間、東京2020オリンピック聖火リレーのトーチが学校に展示されました。

このトーチはブラインドマラソンランナー(視覚障害のあるランナー)青木洋子選手が、聖火ランナーを務めた際に実際に使用したもので、5年金子くんのお父様が、青木選手の伴走者の一人であるというご縁で、トーチをお借りできたものです。

無観客で行われた東京オリンピック、パラリンピックでしたが、自国開催の感動を間近で実感できる貴重な機会となりました。

【山本副校長先生より】

このたびは、PTAの御尽力で生徒のために東京2020大会聖火リレーのトーチを本校で展示させていただき、誠にありがとうございました。
生徒昇降口付近の展示棚に飾りましたので、全ての生徒が見学できました。

生徒は「すごい!これ本物?!」「きれい!」などと歓声を上げて喜んでおり、教員も「持ってみたい!」と大変興奮していました。

これまで本校では、東京2020大会のためにオリパラ教育を推進してきており、今回のトーチの展示は、集大成的な要素として意義深いものでした。

今後もPTAの皆様のお力をお借りして、生徒のためになることを実践していきたいと考えております。よろしくお願いいたします。

編集後記
桜をモチーフとしたデザインに、新幹線の製造にも使われる技術を用いてつくられた、継ぎ目のないひとつなぎの構造です。
初めて実物を見る機会を得ましたが、ピンクゴールドの柔らかさと桜の美しいフォルム、その重厚感に感銘を受け、オリンピック、パラリンピックの感動が思い出されました。

制服リサイクル『譲渡会』を開催

令和3年10月9日(土)12時30分から、大会議室にて、制服リサイクル『譲渡会』が開催されました。

会場内が密にならないよう、来場者に一定の距離を保ちながら廊下に並んでもらい、人数を制限しながら入場いただきました。

整然と並び、選びやすくレイアウトされた、クリーニング済みのブレザー・ズボン・スカート・セーター・ベスト・ネクタイ・リボン等を手に取って熱心に選んでいる様子が見られました。

来場された1年生の保護者の方からは
「今後の成長を見越して、必要なものを見に来ました。数もサイズも多くあるので、選ぶことができて嬉しいです。また、先日、文化祭の準備で娘がスカートを汚してしまい、ちょうどスペアが必要だと思っていたところだったので、とてもありがたいです。」
とのお声をいただきました。

今回の制服譲渡会には100人以上の方が来場され、盛況のうちに終わりました。

PTAでは次回の制服譲渡会に向け、リサイクルできる制服の回収を予定しています。

ご協力くださいますようよろしくお願いいたします。

陸上部 都大会および南関東大会で入賞、インターハイ出場決定~PTAより支援金贈呈

鴨下友織菜さん、おめでとうございます!

5月8日から開催された第74回東京都高等学校陸上競技選手権大会にて、6年鴨下友織菜さんが800Mで第4位、400Mで第6位になり、見事2種目入賞。南関東高等学校陸上競技大会の出場権を獲得しました。
その健闘を讃え、5月29日にPTA会長より支援金の贈呈が行われました。

左から藤野校長先生、鴨下友織菜さん、上尾PTA会長、陸上部顧問 坂口先生

鴨下さんからは、「なんとしてもインターハイに出たいという思いが一層強くなるとともに、昨年度出場した新人関東とはレベルが桁違いである南関東を通過するには、このままの都大会の順位ではいけないと思いました。でも最初で最後のチャンスなので、自分にできることをやるだけだとワクワクの方が大きいです」と南関東大会への意気込みを伺いました。

今シーズンは、怪我に悩まされ、苦しい思いもたくさんしてきたそうですが、「走ることを楽しむ」ことを心にとめ、プラス思考で取り組んだことが、結果につながったとのこと。
「個人種目である陸上競技は、まわりの人の支えや応援なしでは続けられない競技」なので、「感謝を忘れず、結果で恩返しをしたいと思うと、自然と力が湧いてきました」という鴨下さん。

6月18日~21日に開催された南関東大会では、800M、400Mともに第6位入賞。2種目でのインターハイ出場が決まりました。おめでとうございます。

「競技の2分間、心臓が口から出っぱなしでした」とお母さま(笑)。ご家族の笑顔の支えと、ご本人のたゆまぬ努力。鴨下さんの陸上ストーリーは、福井県で7月28日に激闘の幕が開く全国のステージへ続きます。


【編集後記】
鴨下さんにコロナ禍での練習について伺ったところ、「上を目指したいという目標を持ち続け、周りに頼ることも大事にしながら、多くの方にアドバイスをもらい、取り組んできました。」とのこと。部活を頑張るみなさんへ、伝わる言葉と行動ですね。
インターハイでも力を出し切れるよう、応援しています。頑張ってください。