カテゴリー別アーカイブ: PTAサークル

第32回「三鷹散策の会」報告

◆◇◆仙田校長先生と行く「塙 保己一」の世界◆◇◆

【日時】 平成28年11月19日(土) 
【場所】 渋谷駅~恵比寿駅

塙 保己一は江戸中期の武蔵国出身の国文学者。7歳で失明しましたが、大変な苦労の末に、古代から江戸初期に至る膨大な書を40年かけて渉猟し、その成果を1,680巻にも及ぶ「群書類従」として編纂し後世に残しました。温故学会(塙 保己一資料館)には、「群書類従」の貴重な版木が保存されており、現在も日本史や日本文学研究の基本文献として広く利用されています。
今回の散策の旅では、仙田 直人校長先生、森田 常次副校長先生とご一緒に、都心に残る江戸の面影を辿りながら、保己一の人生や日本文学に対する情熱に思いを馳せました。

渋谷駅(ハチ公口改札)
  ↓
尾崎豊メモリアル・プレート
プレートの周りには、ファンからの熱いメッセージが書き綴られています。
  ↓
豊栄稲荷神社
連なった真っ赤な鳥居、庚申塔、三猿(見ざる言わざる聞かざる)の石碑…小さな稲荷神社ですが見応えたっぷりです。
  ↓
金王天満宮

江戸時代に奉納された算額。前期課程時、子どもたちもこれを作成していましたね。算額奉納は日本独特の文化だそうです。
境内にある「金王桜」は一本の木に一重と八重2種類の花をつける珍しい桜で、江戸の郊外三銘木のひとつに数えられています。
  ↓
腕白相撲の土俵が常設された公園を横手に小道を進んでいきます。
  ↓
氷川神社
紅葉が素晴らしかったです。
  ↓
温故学会(塙 保己一史料館)

塙 保己一に関する講話:齋藤 幸一理事長にお話し頂きました。大変わかりやすく、ヘレン・ケラーも保己一を尊敬し、彼の生き方を目標にしていたと聞いて驚きました。

刷り体験:齋藤理事長と奥様との楽しい掛け合いでご説明頂きました。何十年ぶりかに手にした“馬連”を使っての作業に、一同テンションがあがりました。

版木収蔵庫の見学:圧倒的な量!江戸時代に彫られた貴重な版木は、史料館の皆さまの不断の苦労によって受け継がれています。
全てが素晴らしい体験でした。最後は門までお見送り頂き、史料館の皆さまの温かいお気持ちを感じました。本当にありがとうございました。
  ↓
恵比寿ガーデンプレイス
“ビヤ・ステーション恵比寿”で乾杯!散策の後で飲むビールの味はまた格別でした!

土砂降りの雨で始まった今回の散策の旅ですが、雨は途中で上がり、その曇り空は渋谷に残る江戸の情景を、より一層奥ゆかしく感じさせてくれたように思います。
渋谷~恵比寿の約3kmに、素晴らしい発見がたくさんありました。

第31回「三鷹散策の会」報告

clip

◆◇◆多磨霊園~野川公園 散策◆◇◆

【日時】 平成28年8月19日(金) 
【場所】 多磨霊園~野川公園(府中市)

著名人の墓が多いことで知られる、大正12年に開設された大規模公園墓地。文学関係者の墓碑を訪ね歩く「文学散歩」コースとしても人気があります。緑豊かな中に、この時期は百日紅の花が色を添えていました。
名誉霊域をはじめ26区からなる霊園内は、霊園事務所にある「案内図」を見ながら歩きます。三島由紀夫や江戸川乱歩のように本名と異なる人物は、本名で探します(敬称略)。

(スタート)
霊園正門

みたま堂

東郷 平八郎(海軍元帥):その大きさは園内最大
山本 五十六(海軍元帥)
(以上 名誉霊域・国葬)

横井 英樹(実業家):お墓とは思えない形をしています。
中島 知久平(実業家)
(以上 9区)

北原 白秋(詩人)
西郷 従道(陸・海軍軍人):隆盛の弟
有島 武郎(作家)
長谷川 町子(漫画家):ひっそりと眠っています。
三島 由紀夫(作家):バス停にほど近いが見つけにくいです。
(以上10区)

岡本 太郎(洋画家):大変ユニークなお墓です。
岡本 かの子(詩人・作家)
岡本 一平(漫画家)
(以上 16区)

与謝野 鉄幹・晶子(歌人):仲良く並んでいます。
(11区)

海老名 弾正(同志社大総長):とても大きな墓碑文面は次に行く蘇峰によるものです。
(12区)

徳富 蘇峰(評論家)
高橋 政知(実業家):東京ディズニーランド生みの親と言われ、開園時の写真パネルとともに眠っています。
(以上 6区)

丹羽 海鶴(書家)
(8区)

高橋 是清(政治家):二・二六と刻まれています。
西園寺 公望(政治家)
(ゴール)

このほかにも途中一般の方のユニークなお墓が多数あります。
これだけで、軽く90分を超える行程です。

この後は野川公園方面に移動し、公園前のフレンチレストランでランチコースを
いただき、解散しました。

暑い中、ちょうど一万歩を達成する行程でした。
みなさまお疲れ様でした。

次回は11月開催の予定です

第 30 回 「三鷹散策の会」報告

再開発進む仙川で「マヨネーズの美味しさを楽しく体験!」

【日時】 平成 28 年 5 月 9 日(月)及び 5 月 18 日 (水)

【場所】 キューピーマヨテラス(仙川)

【参加人数】58 名

生徒の通学に利用の多い京王線「仙川」駅ですが、駅周辺はここ数年の再開発事業で様変わりしています。
駅北側の榮太棲総本舗とキューピーの工場もその一つ。
榮太棲工場はマンションに姿を変えました。
一方キューピーは工場を閉鎖したものの、2014年に体験型施設「キューピーマヨテラス」をオープンさせ、お客様とのふれあいを続けています。
そこで今回はいま人気の「キューピーマヨテラス」体験を企画、参加者多数のため2回に分けての開催となりました。

甲州街道に面した入り口にはキューピーのマスコットのキューピー人形が飾られ、マヨテラス内では椅子のひとつひとつが野菜の形になっていて遊び心があふれています。

①キューピードーム

キューピーの案内の方から、まずはキューピーマヨネーズの歴史を学び、マヨネーズボトルをかたどった施設のなかでマヨネーズの美味しさの秘密や工夫を教えていただきました。

その後工場を疑似体験できるファクトリーウォークで工場の映像を見学した後、お待ちかねのオリジナルマヨネーズ作りと試食体験です。

②試食会

キューピーの方の一押しはマヨネーズ+マーマレードの組み合わせ。
意外なお味で面白かったです、皆さんも一度試してみてください。
他にマヨネーズの使い方の裏ワザも教えていただき、最後にはお土産をいただいて大満足で体験は終了です。
見学後は併設のショップでそれぞれお買い物を楽しみました。

三鷹散策の会は年に2回程度の活動です。次回は皆さんもぜひご一緒に楽しみませんか?お気軽にご参加お待ちしております。

③集合写真