カテゴリー別アーカイブ: 学校行事

第3回卒業式

平成30年3月10日(土)
平成29年度 東京都立三鷹中等教育学校 第3回卒業式が挙行されました。

三鷹中等教育学校第3期生149名の卒業生の皆さん、保護者の皆さま、ご卒業おめでとうございます。個性豊かで活気があり、様々な学校行事活動に全力で取り組み、やる気に溢れた3期生の門出の様子をご紹介いたします。

【卒業式入場前】
各クラス、リラックスして入場を待っていました。

【式次第】

【卒業生入場】
吹奏楽部が演奏する「ハナミズキ」に合わせて入場。保護者と在校生に向かい、一礼しました。

【卒業証書授与】
森田副校長先生の開式の辞、国歌斉唱に続き、卒業証書の授与が行われました。卒業生は、緊張した様子で壇上に上がり、藤野校長先生から卒業証書を受け取っていました。校長先生は、「おめでとう」と一人一人に声をかけていらっしゃいました。

【校長式辞】

学校生活を見守ってきた藤野校長先生は「本校で積み重ねてきた努力とその結果達成したことを生涯貫いて欲しい」と、これまでの学校生活での様子を振り返りながらお話しされました。「高度グローバル化した社会での改革は、異なる文化や分野から集まった多くの専門知識が必要とされるが、卒業生には、社会に貢献できるリーダーとして様々な分野での改革に活躍することを期待します」とのお言葉を頂きました。

【東京都教育委員会挨拶】

前期課程の校外学習や研修旅行を通して、日本の伝統文化を学習し、後期課程では留学生との国際交流、海外ボランティア研修、台湾修学旅行などで、日本の良さを海外に発信してきたことに触れて、卒業生は「思いやりを持った社会的リーダーを育成するという教育目標のもとでのグローバル教育」の中で学んできた、というお話をされました。これからの社会での活躍を期待されていました。

【PTA会長挨拶】

卒業生に対して「愛するものはありますか?」と問いかけられ、「愛するもの」があることは、勇気と力を与え、人を強くするので、「自分を愛し、家族を愛し、他人を愛してください」と語りかけられました。「愛するもの」「夢」「大きな志」を持って新しい環境で頑張ってください、とお祝いの言葉を送られていました。

【在校生送辞 5年D組 權さん】

先輩たちの姿を追いかけながら過ごしてきた学校生活の中で、特に記憶に残っているものとして、過去最高の来場者数を誇った一昨年の鷹校祭での思い出を取り上げていました。様々な行事・学校生活の中で活躍してきた先輩方を見習い、これまで築いてきた伝統を受け継いでいく覚悟を、送る言葉として述べました。

【卒業生答辞 6年A組 萩原さん】

色とりどりの学校生活の6年間の日々を振り返りました。お世話になった先生方へのお礼、見守っていただいた地域の方々への感謝の言葉、かわいい後輩である在校生への励ましの言葉、家族に対しての新たな決意と感謝の気持ちを、声を詰まらせながら伝えました。最後に「3期生のみんな、大好きです」と締めくくりました。

【校歌斉唱】
最後に全校生徒で校歌を斉唱しました。
指揮は、6年B組松本さん、伴奏は6年C組阿部さん

【退場】
閉式の辞のあと、吹奏楽部の「3月9日」の合奏に合わせて、卒業生が退場しました。

【卒業式前後のクラスの風景】
卒業式前と終了後には、友達や後輩との学校での最後の日を楽しむ卒業生の姿が、あちこちで見られました。

【お世話になった担任の先生方】

6年A組 島田先生
6年B組 北洞先生
6年C組 内野先生
6年D組 齋藤先生

【卒業記念品】
ステンレスマグボトル、トートバッグ、合唱祭DVD、紅白饅頭

ステンレスマグボトルには「Mitaka Secondary School 3rd graduates 2018.3.10」とレーザー彫刻で彫られています。

見送られる卒業生、見送る在校生、送り出す先生方、子どもたちの成長を見守る保護者の方々、皆さんそれぞれ、様々な思いを胸に過ごした卒業式の一日だったことでしょう。

卒業生の皆さん、三鷹中等教育学校での日々を大切に、新しい道を進んでください。

前期課程:第3学年球技大会が行われました

前日は雪もちらつき、小雨も降る肌寒い日となった2月23日(金)、前期(3年生)の球技大会が行われました。

当初は校庭での競技は中止の予定でしたが、生徒たちの気持ちが通じたのか、途中ちらりと晴れ間も見える天気となり、校庭での競技も通常通り行えることとなりました。

体育館ではバレーボール・バスケットボール・卓球・ドッジボール、校庭ではハンドボール・サッカー。

全6競技において熱戦が繰り広げられました。

実行委員が中心となり、大会がスムーズに行えるように生徒みんながテキパキと準備・片付けなどを行っておりとても素敵でした。

■バレーボール(女子)
なかなかラリーが続かない場面もありましたが、決勝ともなると迫力のあるサーブ・スパイクが決まり盛り上がりました。

優勝はD組でした。
  

■バスケットボール(男子・女子)
次々と放たれるシュート!白熱した試合に応援にも熱が入ります。

優勝はD組でした。
 
 

■卓球(男子・女子)
決勝戦ではクラスの応援も盛り上がり、点が決まるたびに歓声が上がっていました。
健闘を称え胴上げも!

優勝はD組でした。
 

■ハンドボール(男子・女子)
男子のシュートは圧巻でした。
女子も果敢にボールを奪いに行っていました!

優勝はA組でした。
 
 

■サッカー(男子)
広いコートを全力で駆け抜けます。
鋭いシュートをキーパーは懸命に阻止していました。

優勝はB組でした。
 
 

■ドッジボール(男女混合)
男子の力強いボールが女子に命中することも!
開始5分後に2個目のボールを投入。
クラス全員参加、そして最後の競技ということもありプレー・応援ともに大いに盛り上がりました!

優勝はC組でした。
 
 

結果発表、ドラムロールが響きます。

**総合優勝は、D組でした!**

球技大会のねらいである「1年間のまとめの行事として、クラスが団結して楽しく実施する。3年間の集大成として、自分たちで企画実施する」
まさにこの通りとなった、さすが3年生と思える見応えのある大会でした!
  

 

第59回鷹校祭 体育祭が開催されました《午後の部》

みんなお昼ご飯を食べて、エネルギー充てん!!午後の部は、元気よく各団の応援演技から始まりました。

【応援演技】
この日のために練習を重ねてきた応援団員達。前期生の初々しいダンス、後期生は衣装にも凝ってノリノリのダンスで観客を魅了しました。どの団も素晴らしかったですが、みごと最優秀賞を勝ち取ったのは《赤団》でした。バスケットボールを使った躍動感あふれる演技が素敵でした。

各団の演技の後は、6年生有志による「ソーラン節」が披露されました。声も出て、迫力ある演技がさすがでした。最後のタワーも見事に決まりました。

【100メートル走・決勝】
予選を勝ち抜いた猛者たちの走りは圧巻でした。

【タイフーン】
1本の長い棒を各学年一人ずつ計6人で持って走ります。1年生は置いて行かれないように必死で棒を握って走ります。

【大縄跳び】前期・後期
クラス全員参加競技。どのクラスも練習当初は数回しか跳べなかったようですが、前期は3Cの50回、後期は6Aの66回と好記録が出ました。

失敗しても皆で「せーのっっ!」と声を合わせて何度もチャレンジしている姿は、団結力を感じました。 
【全員リレー】1・2年生、3・4年生
クラス対抗の全員リレー。1・2年のレースには今年も先生チームが参戦!アンカーの校長先生。ゴールテープを持つ先生方が少しずつ遠くに移動して、走る距離が伸びて行きましたが笑顔でゴールしていました。どの学年の選手も真剣に走っている姿が素敵でした。

【棒引き】5・6年生女子
青団&緑団VS赤団&黄団。2団合同対決です。僅差で赤団&黄団の勝利でしたが、どちらの団も力強かったです。後ろで応援していた団長も印象的でした。
【棒倒し】5・6年生男子
今年も白熱しました棒倒し。真剣になるあまり、1回戦と2回戦の間に先生方が協議をする場面も。しかしどちらも譲らず頑張り、決着つかず・・・最後は円陣を組み、お互いの健闘を称えあいました。

色別対抗リレー】
体育祭のラスト色別対抗リレー。各団選りすぐりの選手が出揃いました。途中、抜かし~抜かされを繰り返していたので、応援する生徒達も大盛り上がり。最後は3チーム少しの差でのゴール。トップは黄団でした。
【閉会式】
成績発表です。100 mメートル走、前期と後期の男女各1名が読み上げられ、次に学年別の順位、応援演技の最優秀賞の発表と続き、最後に総合得点の発表。得点版に全校生徒が釘付けに。
 

今年も総合優勝は青団でした。

【閉会後】
各クラス・学年ごとに、あちこちで記念撮影が行われていました。そんな中、余韻に浸りながらも撮影後は片づけをしていました。

◆体育祭実行委員のみなさん
朝一番で取材に行ったときにはすでに忙しそうに立ち働かれていたみなさん。開会にこぎつけるまでにも苦労が多かったと思われますが、当日も進行に、得点の集計にと、仕事はきりがないほどです。しかし、見事にやり切った後はすがすがしい表情でした。本当にお疲れさまでした。

第59回鷹校祭 体育祭が開催されました《午前の部》

今年は週末に大型台風が近づくとの予報があり天候が心配されましたが、開催された金曜日は朝から快晴で体育祭日和となりました。

【入場行進】
吹奏楽部の爽やかな演奏に合わせてのマーチングに観覧席からも手拍子が起こりました。青団、黄団、赤団、緑団、それぞれの団旗を掲げる凛々しい顔が素敵でした。



【開会式】
開会宣言、校長先生のあいさつに続き、昨年優勝した青団による優勝旗返還と、応援団長4人による選手宣誓が行われました。

【準備体操】
競技前のウォームアップは全員でのラジオ体操を行いました。

【応援合戦】
4・5年生男子による応援合戦は各団の健闘を祈ってエールの交換をしました。

【100メートル走・予選】
グラウンドを斜めに横断する100mコース。選手たちが全力で挑めるよう、ゴールには衝突防止のマットが用意され、公平性を保つ為のビデオ判定もされていました。

【1・2年いかだ流し】
「前を見るんだ~!」との先生の声にパッと顔を上げ走りきっていた女子生徒の顔が素敵でした。

【5・6年全員リレー】
応援の声が飛ぶ中、全員で繋げるバトンに大興奮でした。

【3・4年ムカデ】
リズムを合わせる掛け声と肩に置いた両手で心を合わせてグラウンドを周る姿に応援の熱も上がりました。

 

【騎馬戦】前期・後期
前期の女子・男子の後、後期の女子・男子と競技が進行しました。ここまでの各団の点数を考慮してどの色を攻撃するか…各団にらみ合いながら戦い方を考えます。女子も男子に負けない迫力!後期男子は上半身裸で馬をつぶし合う真剣勝負でした。

【3人4脚】
3人で息を合わせて1、2、3、4…経験値でしょうか。高学年の方がコツをつかんだ走りをしていたようです。

【走り込み綱引き】
ピストルの合図で、前期生が綱を引っ張っているところへ後期生がトラックを半周して駆けつけて加勢します。走るのが遅れると後期生が綱を引く前に決着がついてしまうことも。前・後期生が文字通り力を合わせました!

【部活対抗リレー】
ここでは団の色を忘れ、所属する部のユニフォームに着替えて勝負します。今年はすべての部が真剣に走りを競いました。

【PTAスタッフ】
強い日差しと白熱する競技に、喉の乾いた生徒たちの水筒はすぐ空っぽ。そんな彼らにとってのオアシスがグラウンドの一角にあります。毎年恒例のPTAスタッフによる冷たいお茶のサービスです。競技を終えたばかりの生徒たちが、飲み切った水筒を手に行列をつくっていました。

第59回鷹校祭 文化祭が開催されました

「進化~発揮せよ、我らが真価~」のスローガンのもと、第59回 鷹校祭
文化祭が、9月9日(土)10日 (日)に開催されました。2日間で6000名以上の方々に御来校いただき、大いに盛り上がりました。鷹校生たちの情熱あふれる様子を、「当日編」「投票結果編」「フィナーレ編」の3部構成でお届けいたします。

↓↓↓

当日編
投票結果編
フィナーレ編