広報委員会 のすべての投稿

平成30年度 第4期生 卒業を祝う会が開催されました

平成31年3月9日、卒業式・生徒主催の卒業式第2部の終了後、杏林大学病院内にある日比谷松本楼に場所を移し、PTA主催の第4期生「卒業を祝う会」が行われました。

今年は校長先生、副校長先生、6年担任の先生方、昨年度まで担任をして下さった佐々木久先生をお招きし、100名近い卒業生の保護者が参加しました。

藤野校長先生からの4期生のエピソード、お祝いのご挨拶の後、山本副校長先生の乾杯のご挨拶とともに祝う会が開始されました。

美味しいお料理をいただきながら思い出話に花が咲きます。お世話になった先生方に一言ご挨拶をしたいと先生方の周りには次々と保護者が訪れます。

歓談の間には、6年間の思い出あふれるスライドショーが上映されました。まだ幼さが残る中1の入学式から始まり、各学年の行事、大きく成長した6年生となった姿…どれだけたくさんの経験をし、学習をし、仲間との時間を過ごしてきたのかを改めて実感し、充実した6年間を過ごすことができたことに感謝の思いでいっぱいになりました。

あちらこちらから「三鷹に入れてよかったね。」という声が聞こえてきます。

スライドショーの上映の後、卒業生保護者代表としてPTA会計の平石さんから三鷹で過ごした6年間や、卒業後も鷹校生のつながりが強いことを紹介する挨拶がありました。

お世話になった先生方への花束贈呈後には、先生方お一人お一人から4期生とのたくさんの思い出をお話しいただきました。

山之内先生からの「中5の合唱祭では下級生に上位を奪われ悔しい思いをしたけれど、中6では最上級生の底力を見せ上位を独占できたことが本当に嬉しかった」というお話が印象的でした。

最後に、鎌田副校長先生からの「大きく羽ばたいて行ってほしい」という力強いエールのご挨拶をいただき祝う会は閉会となりました。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、皆さん名残り惜しい気持ちを抱えながら会場をあとにしました。

お忙しい中、この会を企画し、準備して下さった卒業対策委員の皆様に心よりお礼申し上げます。

平成30年度 第4回 卒業式が開催されました

平成31年3月9日(土)、うららかな日和のなか、平成30年度 東京都立三鷹中等教育学校 第4回卒業式が開催されました。

三鷹中等教育学校第4期生158名の卒業生の皆さん、保護者の皆さま、ご卒業おめでとうございます。卒業生の皆さんにとって、入学から卒業を迎えるこの日までの6年間は、数え切れないたくさんの出来事の中、大きな変化のある年月であったことと思います。お一人おひとりの門出を心よりお祝い申し上げ、ここに当日の様子をお知らせさせていただきます。

 

【卒業式 編】

【卒業生入場前】

【式次第】

【卒業生入場】

吹奏楽部が演奏する「ハナミズキ」に合わせて入場しました。

【卒業証書授与】

鎌田副校長先生による開式の辞、国歌斉唱に続き、卒業証書の授与が行われました。

【校長式辞】

「ご卒業おめでとうございます。友情を育み、お互いを認め、学校行事・部活動・勉学に全力で取り組んできました。一人一人が積み重ねてきた努力、達成してきたこと、真に友人を思い助け合ってきたことを生涯大切にして世の中で活躍してほしいと思います。
社会はAI化・グローバル化が急速にすすみ、一見便利で快適になったようにも思われますが、近い将来、今ある職業が半減し、全く未知の職業が出現するという予想もされています。
AIを活用しつつAIにできないことを身につけなくてはならない。各分野で専門性を高め、確かな課題意識をもって事に当たり、国境・文化の枠を超えて仲間を見出し、協力する時、未知の課題を解決する素晴らしい策が生まれるでしょう。
はなむけとして「夢」と「志」という言葉を贈ります。志とは夢の先にあるもの。夢を実現し、志を貫く。志を実現する道を精進してください。」

【東京都教育委員会挨拶】

ノーベル生理学・医学賞を受賞された本庶先生が、「多くの人を助けたい」という信念のもと医学の発展に貢献された話や、「支えてくれた人への感謝の気持ちを忘れず、諦めずにチャンスをつかむ」という強い気持ちで女子プロテニス世界ランキング1位になった大坂選手の話を引用され、「人の役に立ちたいという想いや理想の実現に向けた努力を大切にしてほしい。」というお言葉をいただきました。

【山根PTA会長挨拶】

「『一途一心』という言葉をはなむけに贈ります。目の前の一つのことにひたむきに真摯に向き合うこと、一生懸命に尽くすこと、心を砕いて取り組むことという意味の言葉です。雑念を入れず目の前のことにひたすら向き合ってみて下さい。一時の苦しさから逃げず、しっかりとした根を張り、多くの選択肢を持ち、その上にどんな風にも倒れない未来を作ってください。」と激励の言葉を述べられました。

【在校生送辞 5年A組 山根さん】

入学を志すきっかけが何事も全力で楽しんで挑戦する先輩の姿への憧れだったことや、学校行事で活躍する先輩を尊敬し、刺激を受け、目標としてきたこと、そして部活での先輩との思い出を時に声を震わせながら述べられました。「伝統を引き継ぎ更に発展させることを約束します」という言葉が何よりの贈り物に感じられました。

【卒業生答辞 6年B組 權さん】

「6年間で、学校が楽しいだけではなく試練を与える場でもあること、そしてどんな困難にも一緒に立ち向かう仲間がいることを学び、ずっと続くと思った日々にも終わりが来ることに気づきました。」と語られました。先生や職員の皆様、保護者への感謝の気持ち、そして頼もしい後輩に後を託せる安心感、「もう一度同じ6年間を過ごしたいです。」と思える大切な仲間となった4期生への想いが伝わるスピーチに胸が熱くなりました。

【校歌斉唱】
最後に、全校生徒で校歌を斉唱しました。指揮は6年B組鈴木さん、伴奏は6年D組岩崎さんです。

【退場】
閉式の辞のあと、吹奏楽部の「3月9日」の演奏に合わせて、卒業生が退場しました。

 

【卒業式後のクラス風景】
各教室に戻って、担任の先生から卒業証書を改めて受け取りました。

【お世話になった担任の先生方】

6年A組 山之内先生
6年B組 北洞先生
6年C組 福島先生
6年D組 大栗先生

【卒業記念品】ステンレスタンブラー、合唱祭DVD、紅白饅頭

ステンレスタンブラーには、各担任の先生方の担当教科の板書が刻印されています。思い出が詰まった記念品です。

4期生の皆様、ご卒業おめでとうございます。6年間で育まれた三鷹イズムを大切に、ますますご活躍されることを願っております。

 

【卒業式 第2部 編】


厳かな雰囲気の中にも、温かな感謝と別れの寂しさが胸にあふれた卒業式も無事に終わり…。午後は一転、元気な盛り上がりが楽しみな第2部が開催されました。

オープニングは、ピアノ演奏「ラジオ体操第一のテーマ」です。心も体もほぐしてくれました。

C組福島先生 超キュートなPerfumeに。

先生バンド。さすがの貫禄!多少の機材トラブルには動じず話術でつないでくださいました。


有志グループによるダンスやバンド演奏が、時にキュートに時にキレキレに会場を沸かせました。手にしたペンライトが光り、歓声が飛び交いました。

女装グループ柳坂46も大人気!


4期生の多才なパフォーマンスで、時間はあっという間に過ぎていきました。

休憩を挟んで、後半はMr.&Ms.三鷹の発表です。
・Mr.坊主&Ms.ショートカット
・Mr.& Ms.おしゃれ
・Mr.&Ms.ギャップ
・Mr.&Ms.天才
・準Mr.&Ms.三鷹 そしてMr.&Ms.三鷹

かつてお世話になった先生方からのお祝いメッセージが流れました。

仙田前校長先生 「アイヌの言葉『イランカラプテ』(あなたの心にそっと触れさせてください)の精神をもって、思いやりのある社会的リーダーになってください。」

佐々木久先生 映像の後まさかのご本人登場!自作の歌「卒業」を熱唱して下さいました。

田崎先生、野村先生、小島先生、中島先生からもあたたかいメッセージを頂きました。

お世話になった担任の先生方へ、感謝の言葉とプレゼントを渡しました。


最後に4期生の6年間の成長の軌跡がスライドで流れました。

子供から大人へと成長していく大切な6年間をこの学校で過ごせたことを、改めて嬉しく思える素敵な卒業の一日でした。

卒業対策委員のみなさん、ありがとうございました。